トップページ > 2015仁淀川親子ふれあいバスツアー
お知らせ
2015仁淀川親子ふれあいバスツアー


『仁淀川親子ふれあいバスツアー』
平成27年7月19日(日)恒例になった『仁淀川親子ふれあいバスツアー』が今年も開催されました。 出発前に主催者を代表して細川組合長から挨拶がありました。
 当日は、あいにくの『雨』となりましたが、1〜6号車に関係者一同が分乗し、最初に『八田堰』を見学しました。
 そのあと仁淀川左岸を上流へと向いました。仁淀川は、台風11号の影響で濁水となっており、普段の『清流、仁淀川』を見ることが出来ませんでした。
 『大渡ダム』に到着、多くの職員さんにお迎えを頂いた後、3班に別れて案内を受けました。ダム北側から約100mの所にあるエレベーターで地下約70mに降り、5基有るゲートのうちの、北端の放水ゲートの見学をしました。夏冬共に内部の気温は18℃〜20℃で夏は涼しく、冬は暖かいとの事でした。見学したゲートは、近くで見るとびっくりする程大きな装置でした。その後、管理塔で、職員さんからダムの目的や働きについて「ビデオ」で説明を受けました。また昭和56年の「ダム」建設開始からの記録映像も見せて頂きました。改めて『大渡ダム』のスケールの大きさに驚かされました。『大渡ダム』は四国で3番目に大きいダムとの事でした。
 最後に『コントロールセンター』での説明を受けました。ここでは、数多くのカメラで仁淀川の川の状況を監視していました。また、レーダーによる最新の大雨の情報や解析、台風の進路予想に伴って、洪水防止の目的での予備放水等をしているとの事でした。また放水する『水』の水質についても最良となるように、水温、濁水度等のデータを見ながら取水高さを決定しているとの事でした。
 一方子供達は、遠方制御の出来る『ビデオカメラ』に興味があり、職員さんから『操作』を楽しそうに教わっていました。また、職員さんから、夏休みの宿題で、『大渡ダム』について知りたいことが有れば、遠慮なしに「TEL」してくださいとの事でした。
 ダムを後にし、雨のため、体育館において「森林について」のお話を聞き、昼食。
 宮の前公園では、鮎の放流体験、アマゴつかみどりを楽しみ、自然の森博物館へと移動し、展示物を興味深く見学しました。
 親子の会話もはずみ、楽しい一日となりました。


バスツアー



バスツアー



バスツアー



バスツアー



バスツアー



バスツアー



バスツアー





バスツアー

バスツアー



バスツアー

仁淀川漁協 事務 更新日:2015/07/19

| リンク集 | サイトマップ | プライバシー・ポリシー | お問い合わせ |
〒781-2110 高知県吾川郡いの町4055番地5 電話088-893-2300