トップページ > 2017「仁淀川の森と水を考える」シンポジウム開催
お知らせ
2017「仁淀川の森と水を考える」シンポジウム開催


 2017仁淀川の再生をめざして「仁淀川の森と水を考える」シンポジウムを平成29年8月27日(日曜日)14:30〜17:00 土佐市高岡町グランディールにおいて、約170名の参加者を迎えて開催しました。

基調講演 
「海から見た川の豊かさ」と題した講演をいただき、各地の活動報告を受け、漁協の取り組む森、川、海の一貫した重要性をさらに感じた講演でありました。流域の住民と心を一つにし、清流を保ち、川を豊かにする事によって海の豊かさにつながり、広範囲に考えれば地球環境を考える事でもあり、その重要性を今更に考えさせられ、漁協はその先頭に立って活動しなければならないことを学びました。

基調報告
 現在まで行ってきた流下調査、遡上調査、採捕状況をもとに略本年の鮎の密度状況を推測できるようになったが、まだまだ年次によって差があり、今後も継続して調査を行う事の重要性を理解した。
 稚魚の海での生息、成長はまだまだ未知であり、研究課題だとの講演でありました。何よりも産卵用親アユの保護の重要性を教えられました。


WORDファイル 開催趣旨


会場



 会場と講師・テーマ
会場 開会前



吉村代表理事組合長挨拶
講演



大石仁淀川流域交流会議会長(仁淀川町長)共催挨拶
会



 新宅国交省高知河川国道事務所所長 来賓挨拶
会



板原土佐市長 歓迎挨拶
板原土佐市長



基調講演
岩瀬文人 高知生物多様性ネットワーク 副代表
     大月町地域資源活性化推進委員(理学修士)
講演



基調講演



基調報告
占部 高知県内水面漁業センター 研究員
講演



基調報告



会場
会場

仁淀川漁協 事務 更新日:2017/08/27

| リンク集 | サイトマップ | プライバシー・ポリシー | お問い合わせ |
〒781-2110 高知県吾川郡いの町4055番地5 電話088-893-2300